スピリチュアル・アドバイス(⌒ー⌒)

塩が持つ力 

塩が持つ力

塩が持つ力

 雪州の足跡トップページ
各種ブックマーク&RSS 雪州の足跡 サイト内検索
塩が持つ力
塩とは人が生きるにあたって無くてはならない物質の一つであり、海が持つ生命力をそのままに凝縮した結晶です。



海と大地の比率が約7:3であるように、人間も水分と細胞の比率がおよそ同じ7:3で成り立っています。



面白いことに、人間に必要な水分や塩が欠かせない様に、海の水もしょっぱいですよね。ヾ(´▽` )ゝ



つまり、掴み所のない広大な生き物です。



その広大な生き物から生命に必要な塩を恵みとしていただいているので、塩を軽視せずに感謝して様々な用途で活用しましょう。 ヽ('ー`)ノ 

日本人の主食として長きに渡って文化が続く米ですが、米は土の霊力を象徴しているならば、塩は海の霊力を象徴しているのです。



その海の霊力の象徴である塩を食事に使いますが、祓い清めにも塩は欠かせません。  q(・・;q) ))) ((( (p;・・)p



神社では祓い清めだけではなく、お供えとしても使用し、皆さんもおさがりとしていただいた事があるのではないでしょうか?

        (シ_ _)シ ハハァ〜
また、盛り塩なるものを試された事もあるのではないでしょうか?



雪州は個人的に8種類くらいの塩を使ってます。(^∇^ )



その内、神社の社務所で受けたり、御祈祷のおさがりでいただいてくるというのが、6種類位で、その他はお気に入りの市販品です。



その内の一つは、感性高き友人がプロデュースなさっている塩で、名前を師塩(しえん)といいます。



この師塩は非常に繊細でまろやかな味を奏でてくれる、宝石のような塩です。



この塩を味わっていないと、美食家を名乗るのはまだ早いかもしれません。( ̄_ ̄|||)



神社でいただいてくる塩というのは、神前に上げられていた品なので、神氣が入っていますから、特別な塩です。



例えば、同じ塩をそれぞれ違う神社に持参し、神前に上げていただいて御祈祷を受けたとしましょう・・・。(シ_ _)シ



それぞれ神の氣質が違うので、味が変わります・・・。   あれ?(-_\)(/_-)あれ?
雪州は食事に使ったり、舐めたり(親子そろって塩を舐めるのが異常に好き)するのですが、その他にはもちろん祓い清めに使用しています。



入浴する時には一摘みの塩を浴槽に入れ、自分の頭上にも一摘みの塩をのせています。



つまり、食に使う時には体内から祓い、入浴時には外から祓うということですね。ヾ(´▽` )ゝ
部屋などにはコップに塩水を作って置いています。



この塩水・・・みなさん
(¬_¬)実際に置いてみると、不思議に感じると思います。

               あれ?(-_\)(/_-)あれ?



何かあると一晩の内にガッサリと減ります・・・。
(;¬_¬)

            な、何かって? (°°;)。。うろうろ。。"((;°°)



まぁ・・・減った場合、深く考えずにまた作り直して置いてください。



特にいろんな意味で敏感な方は、部屋に塩水を作って置いてみると良いでしょう。



かなり楽になると思いますよ・・・。ヾ(´▽` )ゝ



もちろん、オフィスやお手洗いに置いても良いでしょう。φ(.. )



塩を盛ったり、撒かなくても、場を清めてくれます。(自分から出ている邪気やマイナスエネルギーも含まれます。)



盛り塩とは異なり、眼に見える形で効果が顕現されます。



ですから、水が減ったら感謝しながらコップを洗浄して、清潔なタオルや布巾で拭いた後、塩水を作り直してください。



塩はほんの一摘みで結構です。



あとは外で、家の四隅を清めるのに使ったり、怪しい雰囲気を感じた所に盛ったりしています。


                ウリャ!(−_\)(/_−)トリャ!


神社には清めの砂を受けられるところもありますので、清め塩と清め砂を混ぜて使用すると、海の力(陰)と大地の力(陽)が融合して塩だけよりも効果的に場が清められます。
雪州は出先でも塩を舐めたりするので、小さなジップロックに小分けしてバックに入れ、持ち歩いています。( ̄_ ̄|||)



もちろん外食する際にも店の塩が舌に合わないと、師塩を使います。(((((っ-_-;)っ パラパラ


美食家の掟なり・・・
(;¬_¬)
皆さんの健やかなる生活のお役に立てると幸いです。(^∇^ )
雪州英勢お薦めのパワースポット神社
 伊勢神宮(いせじんぐう)内宮(ないくう)外宮(げくう)伊雑宮(いざわのみや) 【三重県】
 大和國一宮(おおやまとのくにいちのみや)三輪明神(みわみょうじん) 大神神社(おおみわじんじゃ) 【奈良県】
 関東総鎮守(かんとうそうちんじゅ) 箱根神社(はこねじんじゃ) 【神奈川県】
 摂津國一宮(せっつのくにいちのみや) 住吉大社(すみよしたいしゃ) 【大阪府】
 加賀國一宮(かがのくにいちのみや) 白山比盗_社(しらやまひめじんじゃ) 【石川県】
 熱田神宮(あつたじんぐう) 【愛知県】
 出雲國一宮(いづものくにいちのみや) 出雲大社(いづもおおやしろ) 【島根県】
 伊勢國一宮(いせのくにいちのみや) 椿大神社(つばきおおかみやしろ) 【三重県】
 スピリチュアルの聖地 戸隠神社(とがくしじんじゃ) 【長野県】
 こんぴら総本宮(そうほんぐう) 金刀比羅宮(ことひらぐう) 【香川県】
 安芸國一宮(あきのくにいちのみや) 厳島神社(いつくしまじんじゃ) 【広島県】
 北口本宮(きたぐちほんぐう) 冨士浅間神社(ふじあさまじんじゃ) 【山梨県】
 駿河國一宮(するがのくにいちのみや) 富士山本宮浅間大社(ふじさんほんぐうせんげんたいしゃ) 【静岡県】
 明治神宮(めいじじんぐう) 【東京都】
 皇城之鎮(こうじょうのちん) 山王日枝神社(さんのうひえじんじゃ) 【東京都】
 その他のパワースポット神社

金運・恋愛・仕事・対人関係といった、生きる上で関わる悩みを気付きから幸運に導くスピリチュアルな話
 目に見えぬ存在、神社の神々とは・・・
 心の真眼
 カルマとは・・・
 カルマの解消法について・・・
 徳とは・・・
 神社について・・・
 神社参拝の豆知識
 塩が持つ力
 食のエネルギーについて・・・
 恋愛のカルマについて・・・
 天国と地獄の話

天界で起こった神話 【古事記】 読むパワースポット
【プチウケ古事記 上巻】
 日本最古の古文書 古事記とは・・・
 プチウケ古事記 造化三神(ぞうかさんしん) 神の始まり・・・φ(.. )
 プチウケ古事記 共同作業 天地初発之時(あめつちのはじめのとき)
 プチウケ古事記 夫婦喧嘩 神生(かみう)み(國生み)
 プチウケ古事記 国造り 伊邪那美(いざなみ)最期(さいご)
 プチウケ古事記 伊邪那岐(いざなぎ)の悲しみと怒り 悲しみ
 プチウケ古事記 黄泉(よみ)(くに)  
 プチウケ古事記 (みそ)ぎ・生みの果て
 プチウケ古事記 建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)
 プチウケ古事記 天照皇大御神(あまてらすおおみかみ)と建速須佐之男
 プチウケ古事記 太陽神(たいようしん)天照皇大神(あまてらすすめおおかみ) 天の石屋戸(あめのいわやと)
 プチウケ古事記 草薙劔(くさなぎのみつるぎ)(草薙の剣) 八岐大蛇(やまたのおろち)
 プチウケ古事記 うさぎと(さめ) ()(くに)因幡(いなば)素兎(しろうさぎ)
 プチウケ古事記 姑・修羅場 大国主(おおくにぬし)()堅州国(かたすくに)
 プチウケ古事記 争い  天孫降臨(てんそんこうりん)()(いち)
 プチウケ古事記 人生の道案内 天孫降臨 其の()・・・日子番能瓊瓊杵(ひこほのににぎ)
 プチウケ古事記 竜宮城(りゅうぐうじょう) 海幸彦(うみさちひこ)山幸彦(やまさちひこ)・・・其の壱
 プチウケ古事記 海幸彦/山幸彦 其の弐・・・神武天皇(じんむてんのう)の誕生

雪州の足跡 サイト情報
 あとがき  雪州の足跡 管理人
 リンクについて  相互リンク



Copyright (C)  雪州の足跡  All Rights Reserved