スピリチュアル・アドバイス(⌒ー⌒)

熱田神宮 

熱田神宮

熱田神宮

 雪州の足跡トップページ
雪州の足跡 サイト内検索
熱田神宮(あつたじんぐう)



     主祭神(しゅさいじん)  熱田大神(あつたのおおかみ)

     相殿神(あいどのしん)  天照大神(あまてらすおほかみ)

          素盞鳴尊(すさのおのみこと)

          日本武尊(やまとたけるのみこと)

          宮簀媛命(みやすひめのみこと)

          建稲種命(たけいなだねのみこと)



名古屋市熱田区の
街中に、熱田の森と呼ばれる六万坪の中に熱田神宮は鎮座し、騒々しい街中にあるにも拘らず、森に足を踏み入れると静寂神域(しんいき)変貌します。    えっ!( ̄ェ ̄;)


様々な木が
生命力と共に生えそろっていますが、弘法大使空海(こうぼうだいしくうかい)が手植えしたと伝わる、千年を越える大楠(おおくすのき)健在です。    ヾ(´▽` )ゝ

伊勢に次ぐ高い神格とされてきた熱田神宮には、三種神器(さんしゅのじんぎ)一種(ひとくさ)である草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)(まつ)られています。



その草薙神剣建速須佐之男命(たけはやすさのをのみこと)八岐大蛇(やまたのおろち)を退治した際、大蛇のしっぽから出てきたと神話
されているのは有名な話です。

          

熱田神宮は古くから【大宮(だいぐう)】【大神宮(だいじんぐう)】【皇大神宮(こうたいじんぐう)】と
されていましたが、伊勢神宮とともに正式に神宮の号が下司されたのは明治からです。



歴史上、熱田神宮を深く崇敬(すうけい)していたのは、室町時代の将軍、足利尊氏(あしかがたかうじ)伝承されています。



また安土桃山時代織田信長織田吉法師三郎上総助信長(おだのきっぽうしさぶろうかずさのすけのぶなが))も桶狭間(おけはざま)
合戦の折りに先勝祈願をしたというのは、歴史上にえられる中で、かなり有名エピソードではないでしょうか。  ヽ('ー`)ノ 



(つるぎ)勝利であるとともに、意志勇氣でもあるため、モヤモヤした事をスパッ解決したい時に訪れると良い神社(かむやしろ)です。
              

ただ、どちらかというと熱田神宮伊勢神宮・内宮同様、個人事の祈願よりも、国家平和世界平和の祈願をされたほうが良いところです。



御神徳(ごしんとく)として、【国家安隠】、【合格祈願】、【厄払】、【家内安全】、【交通安全】、【商売繁盛】が挙げられます。



この神域(しんいき)では
街中壮大自然を感じることができます。  φ(.. )



愛知県(あいちけん) 名古屋市(なごやし) 熱田区(あつたく) 神宮(じんぐう) 1−1−1
雪州英勢お薦めのパワースポット神社
 伊勢神宮(いせじんぐう)内宮(ないくう)外宮(げくう)伊雑宮(いざわのみや) 【三重県】
 大和國一宮(おおやまとのくにいちのみや)三輪明神(みわみょうじん) 大神神社(おおみわじんじゃ) 【奈良県】
 関東総鎮守(かんとうそうちんじゅ) 箱根神社(はこねじんじゃ) 【神奈川県】
 摂津國一宮(せっつのくにいちのみや) 住吉大社(すみよしたいしゃ) 【大阪府】
 加賀國一宮(かがのくにいちのみや) 白山比盗_社(しらやまひめじんじゃ) 【石川県】
 熱田神宮(あつたじんぐう) 【愛知県】
 出雲國一宮(いづものくにいちのみや) 出雲大社(いづもおおやしろ) 【島根県】
 伊勢國一宮(いせのくにいちのみや) 椿大神社(つばきおおかみやしろ) 【三重県】
 スピリチュアルの聖地 戸隠神社(とがくしじんじゃ) 【長野県】
 こんぴら総本宮(そうほんぐう) 金刀比羅宮(ことひらぐう) 【香川県】
 安芸國一宮(あきのくにいちのみや) 厳島神社(いつくしまじんじゃ) 【広島県】
 北口本宮(きたぐちほんぐう) 冨士浅間神社(ふじあさまじんじゃ) 【山梨県】
 駿河國一宮(するがのくにいちのみや) 富士山本宮浅間大社(ふじさんほんぐうせんげんたいしゃ) 【静岡県】
 明治神宮(めいじじんぐう) 【東京都】
 皇城之鎮(こうじょうのちん) 山王日枝神社(さんのうひえじんじゃ) 【東京都】
 その他のパワースポット神社

金運・恋愛・仕事・対人関係といった、生きる上で関わる悩みを気付きから幸運に導くスピリチュアルな話
 目に見えぬ存在、神社の神々とは・・・
 心の真眼
 カルマとは・・・
 カルマの解消法について・・・
 徳とは・・・
 神社について・・・
 神社参拝の豆知識
 塩が持つ力
 食のエネルギーについて・・・
 恋愛のカルマについて・・・
 天国と地獄の話

天界で起こった神話 【古事記】 読むパワースポット
【プチウケ古事記 上巻】
 日本最古の古文書 古事記とは・・・
 プチウケ古事記 造化三神(ぞうかさんしん) 神の始まり・・・φ(.. )
 プチウケ古事記 共同作業 天地初発之時(あめつちのはじめのとき)
 プチウケ古事記 夫婦喧嘩 神生(かみう)み(國生み)
 プチウケ古事記 国造り 伊邪那美(いざなみ)最期(さいご)
 プチウケ古事記 伊邪那岐(いざなぎ)の悲しみと怒り 悲しみ
 プチウケ古事記 黄泉(よみ)(くに)  
 プチウケ古事記 (みそ)ぎ・生みの果て
 プチウケ古事記 建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)
 プチウケ古事記 天照皇大御神(あまてらすおおみかみ)と建速須佐之男
 プチウケ古事記 太陽神(たいようしん)天照皇大神(あまてらすすめおおかみ) 天の石屋戸(あめのいわやと)
 プチウケ古事記 草薙劔(くさなぎのみつるぎ)(草薙の剣) 八岐大蛇(やまたのおろち)
 プチウケ古事記 うさぎと(さめ) ()(くに)因幡(いなば)素兎(しろうさぎ)
 プチウケ古事記 姑・修羅場 大国主(おおくにぬし)()堅州国(かたすくに)
 プチウケ古事記 争い  天孫降臨(てんそんこうりん)()(いち)
 プチウケ古事記 人生の道案内 天孫降臨 其の()・・・日子番能瓊瓊杵(ひこほのににぎ)
 プチウケ古事記 竜宮城(りゅうぐうじょう) 海幸彦(うみさちひこ)山幸彦(やまさちひこ)・・・其の壱
 プチウケ古事記 海幸彦/山幸彦 其の弐・・・神武天皇(じんむてんのう)の誕生

雪州の足跡 サイト情報
 あとがき  雪州の足跡 管理人
 リンクについて  相互リンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク


Copyright (C)  雪州の足跡  All Rights Reserved