スピリチュアル・アドバイス(⌒ー⌒)

プチウケ古事記・・・禊ぎ・生みの果て 

プチウケ古事記・・・禊ぎ・生みの果て

プチウケ古事記・・・禊ぎ・生みの果て

 雪州の足跡トップページ
各種ブックマーク&RSS 雪州の足跡 サイト内検索
プチウケ古事記・・・禊ぎ・生みの果て
『私は(みにく)く汚れた所へ行ってきてしまった・・・』



美しき現世(うつしよ)に戻った伊邪那岐は、身体に闇がまとわりつき、豊かな色彩を削がれていることに気付きました。



『私の身体は汚れてしまった!私の目は汚れてしまった!全身を洗い清めて禊ぎをしなければ!』


ということで・・・

筑紫(つくし)日向(ひむか)(たちばな)小門(をど)阿波岐原(あはぎはら)に向かい、そこで身に付けたものを脱ぎ去れば、そこからおのずと神が生まれました。



まず、投げ捨てた御杖(みつえ)からは、衝立船戸神(つきたつふなとのかみ)が生まれ、

次に投げ捨てた御帯(みおび)からは、道之長乳歯神(みちのながちはのかみ)が生まれ、

投げ捨てた御嚢(みふくろ)からは、時量師神(ときはかしのかみ)が生まれ、

投げ捨てた御衣(みけし)からは、和豆良比能宇斯神(わづらいのうしのかみ)が生まれ、

投げ捨て御褌(みはかま)からは、道俣神(ちまたのかみ)が生まれ、

投げ捨てた御冠(みかがふり)からは、飽咋之斯神(あきぐひのうしのかみ)が生まれ、

投げ捨てた左手の手纏(たまき)からは、奥疎神(おきざかるのかみ)奥津那芸左毘古神(おきつなぎさびこのかみ)奥津甲斐弁羅神(おきつかひべらのかみ)が生まれ、

投げ捨てた右手の手纏からは、辺疎神(へかざるのかみ)辺津那芸左毘古神(へつなぎさびこのかみ)辺津甲斐弁羅神(へつかひべらのかみ)が生まれ、これらの神は()しきものを祓うあらゆる守り神となりました。(^^)

そして洗い流した(けが)れから、八十禍津日神(やそまがつひかみ)と、

更には大禍津日神(おおまがつひのかみ)という(わざわい)の神が流れ出ましたが、その悪神を正す、

神直毘神(かむなほびのかみ)や、

大直毘神(おおなほびのかみ)が生まれ、

更にその二柱の神に仕える巫女(みこ)である、

伊豆能売神(いづのめのかみ)が生まれました。



次に水底(みなそこ)にすすぐ時に、底津綿津見神(そこわたつみのかみ)と、

底筒之男命(そこつつのをのみこと)が生まれ、

次に中にすすぐ時に、中津綿津見神(なかつわたつみのかみ)と、

中筒之男命(なかつつのをのみこと)が生まれ、

次に水の上にすすぐ時に、上津綿津見神(うはつわたつみのかみ)と、上筒之男命(うはつつのをのみこと)が生まれた。



ここに生まれた三柱の綿津見神(わたつみのかみ)は、大綿津見神(おほわたつみのかみ)に仕え、

また、三柱の筒之男命(つつのをのみこと)は、住吉神社の三柱の大神として祀られています。(^^)v

そして伊邪那岐は、最後に両目と鼻を洗いました。

                 うぉ〜!   バシャバシャp(>v<)qバシャバシャ


左目を洗った時に、天照大御神(あまてらすおほみかみ)が生まれ、

右目を洗った時に、月読命(つくよみのみこと)が生まれ、

鼻を洗った時に、建速須佐之男命(たけはやすさのをのみこと)が生まれました。

おぉ、きたきたきたぁ〜!  \(>o<)/  やっとここまできたぁ〜

この辺りは皆さんも古事記を知らなくとも、何となく聞いたことのあるエピソードなのではないでしょうか?


みんなごめんよ、神様生まれるところは面白くできへん・・・(T_T)

でも・・・次からは ヒク ぞぉー(^^;

\(\o-)ヘン〜(-o/)ゝシンッ!!\(`O´)/トウ!!
雪州英勢お薦めのパワースポット神社
 伊勢神宮(いせじんぐう)内宮(ないくう)外宮(げくう)伊雑宮(いざわのみや) 【三重県】
 大和國一宮(おおやまとのくにいちのみや)三輪明神(みわみょうじん) 大神神社(おおみわじんじゃ) 【奈良県】
 関東総鎮守(かんとうそうちんじゅ) 箱根神社(はこねじんじゃ) 【神奈川県】
 摂津國一宮(せっつのくにいちのみや) 住吉大社(すみよしたいしゃ) 【大阪府】
 加賀國一宮(かがのくにいちのみや) 白山比盗_社(しらやまひめじんじゃ) 【石川県】
 熱田神宮(あつたじんぐう) 【愛知県】
 出雲國一宮(いづものくにいちのみや) 出雲大社(いづもおおやしろ) 【島根県】
 伊勢國一宮(いせのくにいちのみや) 椿大神社(つばきおおかみやしろ) 【三重県】
 スピリチュアルの聖地 戸隠神社(とがくしじんじゃ) 【長野県】
 こんぴら総本宮(そうほんぐう) 金刀比羅宮(ことひらぐう) 【香川県】
 安芸國一宮(あきのくにいちのみや) 厳島神社(いつくしまじんじゃ) 【広島県】
 北口本宮(きたぐちほんぐう) 冨士浅間神社(ふじあさまじんじゃ) 【山梨県】
 駿河國一宮(するがのくにいちのみや) 富士山本宮浅間大社(ふじさんほんぐうせんげんたいしゃ) 【静岡県】
 明治神宮(めいじじんぐう) 【東京都】
 皇城之鎮(こうじょうのちん) 山王日枝神社(さんのうひえじんじゃ) 【東京都】
 その他のパワースポット神社

金運・恋愛・仕事・対人関係といった、生きる上で関わる悩みを気付きから幸運に導くスピリチュアルな話
 目に見えぬ存在、神社の神々とは・・・
 心の真眼
 カルマとは・・・
 カルマの解消法について・・・
 徳とは・・・
 神社について・・・
 神社参拝の豆知識
 塩が持つ力
 食のエネルギーについて・・・
 恋愛のカルマについて・・・
 天国と地獄の話

天界で起こった神話 【古事記】 読むパワースポット
【プチウケ古事記 上巻】
 日本最古の古文書 古事記とは・・・
 プチウケ古事記 造化三神(ぞうかさんしん) 神の始まり・・・φ(.. )
 プチウケ古事記 共同作業 天地初発之時(あめつちのはじめのとき)
 プチウケ古事記 夫婦喧嘩 神生(かみう)み(國生み)
 プチウケ古事記 国造り 伊邪那美(いざなみ)最期(さいご)
 プチウケ古事記 伊邪那岐(いざなぎ)の悲しみと怒り 悲しみ
 プチウケ古事記 黄泉(よみ)(くに)  
 プチウケ古事記 (みそ)ぎ・生みの果て
 プチウケ古事記 建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)
 プチウケ古事記 天照皇大御神(あまてらすおおみかみ)と建速須佐之男
 プチウケ古事記 太陽神(たいようしん)天照皇大神(あまてらすすめおおかみ) 天の石屋戸(あめのいわやと)
 プチウケ古事記 草薙劔(くさなぎのみつるぎ)(草薙の剣) 八岐大蛇(やまたのおろち)
 プチウケ古事記 うさぎと(さめ) ()(くに)因幡(いなば)素兎(しろうさぎ)
 プチウケ古事記 姑・修羅場 大国主(おおくにぬし)()堅州国(かたすくに)
 プチウケ古事記 争い  天孫降臨(てんそんこうりん)()(いち)
 プチウケ古事記 人生の道案内 天孫降臨 其の()・・・日子番能瓊瓊杵(ひこほのににぎ)
 プチウケ古事記 竜宮城(りゅうぐうじょう) 海幸彦(うみさちひこ)山幸彦(やまさちひこ)・・・其の壱
 プチウケ古事記 海幸彦/山幸彦 其の弐・・・神武天皇(じんむてんのう)の誕生

雪州の足跡 サイト情報
 あとがき  雪州の足跡 管理人
 リンクについて  相互リンク



Copyright (C)  雪州の足跡  All Rights Reserved