スピリチュアル・アドバイス(⌒ー⌒)

プチウケ古事記・・・天孫降臨 其の壱 

プチウケ古事記・・・天孫降臨 其の壱

プチウケ古事記・・・天孫降臨 其の壱

 雪州の足跡トップページ
各種ブックマーク&RSS 雪州の足跡 サイト内検索
プチウケ古事記・・・天孫降臨(てんそんこうりん) ()(いち)
繁栄しすぎた葦原(あしはら)(なか)(くに)の中継を、天界からプラズマTVで見ていたアマテラスオホミカミが言いました。



            スゴイ文明だよね(笑) (^∇^ )



天忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)、あのリポーターが中継している、葦原の中つ国などと呼ばれているあの国は元来、豊葦原之千秋長五秋之水穂国(とよはしはらのちあきのながいおあきのみずほのくに)と呼ぶべきなのですよ。それもホントなら息子であるあなたが治めるべき国。。。( ̄_ ̄)』



『ふ〜ん (°°) 』

あっ、みなさん僕は天忍穂耳命なんだけど、

正式名は
正勝吾勝々速日天之忍穂耳命(まさかつあかつかちはやひあめのおしほみみのみこと)


と言います。( ̄_ ̄|||)

スサノヲ叔父さんが、アマテラス母ちゃんの勾玉を噛み砕いて、一番最初に生まれた長男で〜す。(^∇^ )

『天忍穂耳命、あなた葦原の中つ国に降りてあの国を治めなさい!』

『えぇ〜!。。"((;°°)  嫌だよ!』

何故(なにゆえ)です!\(>o<)/ギャーッ!』

『キャバクラやいかがわしい店は超〜嬉しいけど、暴走族はいるし、ヤクザもいるんだよ!((p(>v<)q)) 』

『うっ! ( ̄_ ̄|||) そ、そうよね・・・そんな所へ行きたくないわよね・・・ 』

思金神(おもひかねのかみ)はいませんか! \(>o<)/』

『何ですじゃ?』


『・・・という訳で何か名案はありませんか?』

『・・・すごい省略ですな・・・(^^; では次男の、
天菩比神(あめのほひのかみ)を遣わされては?』

『アメノオシホミミノミコトよりも適任かも知れませぬぞ・・・。』

・・・いうことで・・・

『な〜にが適任だよ!\(>o<)/プンプン! 厄介を押し付けられただけじゃないか!』

『いいようにされてたまるか! 見てろぉ〜! (`m´〃) 』



そんなこんなでアメノホヒノカミは葦原に遣わされたのですが、待てど暮らせどアマテラスオホミカミの元へは何の便りも無く、イライラしてアマテラスオホミカミはTVをつけました。

                      (((‥ )( ‥))) ソワソワ

                        するとどうでしょう!



わが息子アメノホヒノカミは、オホクニヌシノカミと肩を組んで面白可笑しく暮らしているではありませんか・・・(笑)

                         (°◇°;) ゲッ



                     (((p(>v<)q)))!! キィ〜〜〜〜!

『オモヒカネノカミ! \(>o<)/ どういうことです! オリャー!!(ノ-o-)ノ⌒┳ ┫┻┣』

『まあまあまあまあ・・・(^^; 次の使者を・・・。適任がおりまする!』

『オモヒカネノカミ、あなたアメノホヒの時にもそう言ったわよ・・・
(;¬_¬)

『いえ、あの〜、その〜 (°°;)) 今度は別の神の子息ですから大丈夫ですよ。 ヽ('ー`)ノ 』

『それは一体どういう意味ですか! ( ̄_ ̄|||)  』

『つまり・・・その〜ですね・・・
天津國玉神(あまつくにたまのかみ)の子である、天若日子(あめのわかひこ)は若様と皆に親しまれ、容姿がまさに貴人でございます。ですからアメノワカヒコを遣わせば、高天原の貴さが知れ渡るのではないでしょうか?(^^;』

『あらオモヒカネ!
(;¬_¬) それでは(わらわ)の子は貴人では無いと言っておるような言いよう!』

『・・・・・( ̄□ ̄;) 決してそのようなつもりでは・・・。(^^;』

『まあ、いいでしょう・・・。  今は何としてでもアメノホヒを葦原の中つ国から呼び戻さねばなりません。』


                 ((((((〜  ̄ー ̄)〜 コソコソ・・・連れて参りました。。。


『アメノワカヒコ、そなたに森の鹿を射る
天之麻迦古弓(あめのまかこゆみ)と、大蛇も倒せる天之波波矢(あめのははや)を授けます。見事指名を果たすように!』

『はい、必ずや・・・。』



アメノワカヒコは
天之佐具売(あめのさぐめ)を従え、早々に発ちました。
旅の途中、二人は高天原の鷹の目(スパイ)が空から監視しているのを気にかけていました。

『ぼっちゃま、つけられてますよ。。。』

『気にするな、サグメ。 いざとなったらこの矢で射落とすさ・・・。(笑)』



森を歩いていると、何処からともなく女の悲鳴が・・・
『キャー! ((((/*0*;)/』 
       ↑
  なんか・・・助けたくなくなる顔だね・・・(^^;



二人は何事かと、悲鳴の聞こえた方角へ急ぎ駆け付けると、巨大な熊が若い女を追いつめて、グヘヘヘ・・・とヨダレを垂らしながら、ナイフとフォークを持って今にも食べてしまいそうな雰囲気。。。(笑)



アメノワカヒコは熊に狙いを定めて矢を放ちました。



大蛇をも仕留めるという矢の威力は凄まじく、一撃で倒すことができました。



アメノワカヒコが若い女性に駆け寄ると、

『ありがとうございました。(_)お陰で助かりました。(^^)』

『私はオホクニヌシノカミと
宗像(むなかた)の女神との間に生まれた、下照比売(したてるひめ)と言います。』

『なんと!(°◇°;) 』



若い二人はラブラブで館に籠もってしまいました。

まぁ、若い時はしようがないよね・・・。(;¬_¬)

またまた鷹の目リポーターの中継でプラズマTVを見ていたアマテラスオホミカミは


                         ワナワナ・・・



『オモヒカネ! これは一体どういうことですか! \(>o<)/ギャーッ!』

『では、キジの精である
鳴女(なきめ)に伝言を持たせましょう。(^^;』



美しいキジの精ナキメは、アメノワカヒコとシタテルヒメの館に飛びました。

『キェーン!キェーン!アメノワカヒコよ!そなたをこの国に遣わしたのは、この中つ国をおとなしく従わせる為なのに、おまえは一体何をやっているのです!キェーン!キェーン!』
            ↑
         キジの鳴き声ね(^^;



あまりの騒々しさに怒りを覚えたアメノワカヒコは弓と矢を持って館から飛び出してきました。



そして事もあろうに、高天原の遣いであるキジの精を矢で殺めてしまったのです。 

ありゃりゃ・・・( ̄□ ̄;)やっちまったなぁ〜

『キジも鳴かねば打たれぬものを・・・』

『若様・・・あれはナキメというキジの精で、高天原からの遣いの者と思われまする・・・。』

『そんなことは知らん!』

『不吉じゃ・・・面倒なことにならねば良いがの・・・(^^;』



アメノワカヒコが放った矢は、ナキメを貫通し、高天原のアマテラスオホミカミとオモヒカネノカミの元に届きました。

『だ、誰かが
妾達(わらわたち)を狙っているのか?』

『さ、さて?・・・ ん? この矢は確か、アマテラスオホミカミがアメノワカヒコに授けた矢ですぞ!』

『なんですって?』

『さあ?よく解りません・・・(^^;』

『\(>o<)/ギャーッ! 解らないではありません! \(>o<)/ 責任をとりなさい!\(>o<)/』

『せ、責任とはとんだ迷惑じゃわい・・・。この矢がもし裏切りで射られたのなら、射った者に返って、射殺すなり!』



オモヒカネノカミは高天原の池に矢を投げると、葦原の中つ国に落ちて往き、アメノワカヒコに命中してしまいました。

あ〜あ ( ̄_ ̄|||)

シタテルヒメとアメノサグメは悲しみに耽りました。。。(T_T)



二人の悲しみとともに雨も降り、丁重に弔われました。



その様子を池の映し鏡で見ていたアマテラスオホミカミは言いました。

『アメノワカヒコは死んでしまったけれど、何が変わる訳でもない・・・。-_-。 オモヒカネ、これから一体どうするつもりなのです?』

『こうなったら天の岩屋戸の中に住まわれている、
伊都之尾羽張神(いつのをはばりのかみ)か、その息子、建御雷之男神(たけみかづちのをのかみ)のどちらかを送り込む他ないと存知まする。』

『なんと! 剣の神を?』

『そうです!オホクニヌシノカミを
(あや)めてしまえば、すべては解決かと・・・(汗) 』

『そなた智恵の神でありながら、また乱暴な考え!( ̄_ ̄|||) 』

『葦原の中つ国の強大さと力強さに対抗するならば、もうこれは最後の手段かと・・・御代官様・・・。』

『誰が代官です!\(>o<)/ギャーッ!』

『オモヒカネ・・・もうそなたに任せます・・・( ̄_ ̄|||) 』



そんなこんなでオモヒカネノカミは、イツノヲハバリノカミの元に足を運び、話をしました。

『・・・話はようわかった・・・じゃがの、御覧の通りワシはもう年じゃて・・・まあその役は、息子に任せるじゃて・・・』



またまたそんなこんなで、タケミカヅチノヲノカミが船に乗って向かうことになったのですが、タケミカヅチノヲノカミが船に乗り込むと、海に浮いていた船が宙に浮き、中つ国を目指し飛んで行ったのです。 

\(−"−)/ マイッタ

ところ変わって
(なか)(くに)・・・



オホクニヌシノカミは海辺でボーッとしながら釣りをしていました。



すると頭に大きな
(しずく)が落ちて来たので、鳥に向かって文句をい言うと、いえいえ、それは()(ぎぬ)ですわ!


                        とやりとり・・・(笑)



途端に、洪水の様な豪雨が降ってきました。


               ..・ヾ(。><)シ ぎょぇぇぇ



今度はグレートマジンガーが現れそうな落雷・・・(^^)



その稲妻の光で空に物体が見えた神々は叫びました。

『あれはなんだ!  鳥だ! UFOだ! スーパーマンだ!  いや、
天鳥船神(あめのとりふね)だ〜!』


                  (°°;))。。オロオロッ。。・・((; °°)



凄まじい
閃光(せんこう)とともに(いかづち)が大地に落ち、その雷はタケミカヅチノヲノカミの放った剣で、オホクニヌシノカミの側にいた、事代主神(ことしろぬしのかみ)と、建御名方神(たけみなかたのかみ)は驚いて飛び退きました。
タケミカヅチノヲノカミはその突き刺さった剣の上にヒラリと器用に着地しました。


さすが武道の神だね・・・(^^;


『だ、誰だ! おまえは!』←タケミナカタノカミ


『オレか? オレはアマテラスオホミカミからの命令を伝えに来た、タケミカヅチノヲノカミという者だ!』
『オホクニヌシノカミに告ぐ!この葦原の中つ国はもともとアマテラスオホミカミの御子息が治めるべき地である!これからはアメノオシホミミノミコトが治める故に、おとなしく明け渡すのだ!もし嫌だと言うならば、力ずくで奪うまで!』

『さあ! 国をおとなしく譲るか、それとも死を選ぶか?』



タケミカヅチノヲノカミは剣から大地に降りて剣を引き抜くと、剣の先からサンダーブレークを出し、岩を打ち砕きました。

まさしくグレート・マジンガーだね! (^∇^ )

慌てふためいたコトシロヌシノカミがオホクニヌシノカミに訴えました。

『オホクニヌシノカミ、ここは逆らわずに国をお渡しになられては? (>v<)』



弱気なコトシロヌシノカミに対して、タケミナカタノカミは好戦的で、前に出ました。

『何を弱気なことを言う! そのような芸当はオレにもできるわい!』



タケミナカタノカミは数百キロはあろうかという巨大な岩を持ち上げ、

『ど、どうだ〜! \(>o<)/』

『ふ〜ん・・・(^∇^ ) 頑張ってるねぇ〜、じゃあこれでどうだ? 
( ¬_¬ )



タケミカヅチノヲノカミは笑いながらその辺に落ちていた貝殻を、タケミナカタノカミの持ち上げていた巨大な岩の上に放り投げました。



タケミナカタノカミはギリギリの力を振り絞っていたので、その貝殻の重さにも耐えきれず、胸まで砂浜に沈んで埋もれてしまいました。(笑)



やる気満々だったタケミナカタノカミは身動きが取れないので、タケミカヅチノヲノカミは剣をオホクニヌシノカミの喉元に突き付け、決断を迫りました。

『私は根の堅州国の
大神(おおかみ)である、スサノヲノミコトに偉大なる国のオホクニヌシノカミになれと言われ、そのようにしているだけです。』

『もし、アマテラスオホミカミが国を譲れとおっしゃるならば、そうしましょう。』

『なんと!素直な!
(;¬_¬) これでそなたを(あや)めてしまえば、私の名に傷が付く!』
『刀を収めるとしよう・・・( ̄_ ̄|||) 』

『ただ、譲るのは構いませんが、ひとつ頼みがあります。』

『なんなりと・・・。』

『私も自分なりに頑張りましたので、立派な隠居所を造ってもらいたい・・・。
ヽ('ー`)ノ 』


『あっ!老後の問題かね? (^∇^ )』

『その願い、このタケミカヅチノヲノカミが承知した。』
『隠居所は出雲の多芸志(たぎし)小浜(おばま)に建てましょうぞ!』

『では、さらばじゃ!(  ̄ー ̄)人  ムゥハハハハハハハ・・・あっ、アゴがはずれた・・・( ̄_ ̄|||) 』

えっ!|・−・) |−・;)|・;) |;) |

『・・・という訳ですから、アメノオシホミミノミコト、葦原の中つ国を治めてらいらっしゃい。(^^)』

『やだ!私は地上へなど行きたくもない!(。><)アマテラス母ちゃんの側にずっといたい!\(>o<)/』

『な、なんと! ( ̄_ ̄|||)それを20世紀ではマザコンと呼ばれ、
冬彦(ふゆひこ)さんとアダ名が付けられたのですよ!
(;¬_¬) 』

『甘やかして育ててしまった、我が身の
所為(せい)・・・( ̄□ ̄;)ガーン』

『・・・あの・・・(^^;母上・・・(((^^; 今まで隠していたのですが・・・』

『実はこの私には子供がいるのです・・・((((((^^;』

『タカミムスヒノカミの娘で機織の上手い、
萬幡豊秋津師比売命(よろづはたとよあきつしひめ)との間の子で、天饒石国饒石天津彦彦火瓊瓊杵尊(あめにぎしくににぎしあまつひこひこほのににぎのみこと) と名付けました。(^^)v』

『\(>o<)/ギャーッ! (((p(>v<)q)))!! どこまで私を怒らせたら気が済むのですか!』


                    \(>o<)/ぷんぷん!


『もう知りません!  オリャー!!星一徹(ノ-o-)ノ⌒┳ ┫┻┣ 』

『葦原の中つ国はその、アメニ○△□・・・あいたた!(。><)舌噛んだ。。(T_T)』

『その孫に譲ります! (((p(>v<)q)))!! よいですね!\(>o<)/ギャーッ!』

『だってアマテラス母ちゃん!アメニギシクニニギシアマツヒコヒコホノニニギノミコトはまだ幼少だよ!』

『黙りなさい!\(>o<)/ギャーッ!落語じゃないんだから、

日子番能瓊瓊杵(ひこほのににぎ)にしなさい!舌噛んだじゃないの! 
(;¬_¬) 』

『だって母ちゃん!僕の正式名は、
正勝吾勝々速日天之忍穂耳命(まさかつあかつかちはやひあめのおしほみみのみこと)っていう信じられんくらいに長い名前だよ。。。』

ヽ(  ̄д ̄;)ノ オテアゲー

『・・・
(;¬_¬)チッ! もうあなたは心配しなくてよろしい (っ-_-)っ 立派な乳母(うば)を付けるゆえ・・・。』

『だ、誰をですか? ( ̄□ ̄;) 』

『気丈で機転も利き、明るい女神、
天宇受売命(あめのうずめのみこと)です。 ( ̄ー ̄ )』

『し、しかし・・・ヽ(  ̄д ̄;)ノ ですね・・・』

天手力男命神(たじからをのみこと)と、天石門別神(あめのいはとわけのかみ)、それに、オモヒカネノカミも同行させます! ( ̄^ ̄ )』

『いえ、あの・・・ヽ(  ̄д ̄;)ノ ヒコホノニニギは私の子で・・・(^^;』

『おだまり!(((p( >v<)q)))  私の孫! 天孫です! ( ̄^ ̄ )』

『まだ不安なら、
天児屋根命(あめのこやねのみこと)に、布刀玉命(ふとたまのみこと)、それに伊斯許理度売命(いしこりどめのみこと)に鏡、玉祖命(たまのやのみこと)に勾玉、それに弟スサノヲノミコトが(わらわ)に献上した、八俣の大蛇の尻尾から取り出しし、草薙の剣もつけましょう。』

じゃ〜ん (  ̄ー ̄)人(^∇^ )

これが雪州が触れた三種の神器だよ。(^^)

登場は二回目だけど・・・念の為・・・(^^;

『母ちゃん、夜店のバナナ売りじゃないんだから・・・ヽ(  ̄д ̄;)ノ 』

『もう決めた事です!( ̄^ ̄ ) では出発の用意をさせましょう。((((((〜  ̄ー ̄)〜 』

ヽ(  ̄д ̄;)ノ ありゃりゃりゃ・・・
雪州英勢お薦めのパワースポット神社
 伊勢神宮(いせじんぐう)内宮(ないくう)外宮(げくう)伊雑宮(いざわのみや) 【三重県】
 大和國一宮(おおやまとのくにいちのみや)三輪明神(みわみょうじん) 大神神社(おおみわじんじゃ) 【奈良県】
 関東総鎮守(かんとうそうちんじゅ) 箱根神社(はこねじんじゃ) 【神奈川県】
 摂津國一宮(せっつのくにいちのみや) 住吉大社(すみよしたいしゃ) 【大阪府】
 加賀國一宮(かがのくにいちのみや) 白山比盗_社(しらやまひめじんじゃ) 【石川県】
 熱田神宮(あつたじんぐう) 【愛知県】
 出雲國一宮(いづものくにいちのみや) 出雲大社(いづもおおやしろ) 【島根県】
 伊勢國一宮(いせのくにいちのみや) 椿大神社(つばきおおかみやしろ) 【三重県】
 スピリチュアルの聖地 戸隠神社(とがくしじんじゃ) 【長野県】
 こんぴら総本宮(そうほんぐう) 金刀比羅宮(ことひらぐう) 【香川県】
 安芸國一宮(あきのくにいちのみや) 厳島神社(いつくしまじんじゃ) 【広島県】
 北口本宮(きたぐちほんぐう) 冨士浅間神社(ふじあさまじんじゃ) 【山梨県】
 駿河國一宮(するがのくにいちのみや) 富士山本宮浅間大社(ふじさんほんぐうせんげんたいしゃ) 【静岡県】
 明治神宮(めいじじんぐう) 【東京都】
 皇城之鎮(こうじょうのちん) 山王日枝神社(さんのうひえじんじゃ) 【東京都】
 その他のパワースポット神社

金運・恋愛・仕事・対人関係といった、生きる上で関わる悩みを気付きから幸運に導くスピリチュアルな話
 目に見えぬ存在、神社の神々とは・・・
 心の真眼
 カルマとは・・・
 カルマの解消法について・・・
 徳とは・・・
 神社について・・・
 神社参拝の豆知識
 塩が持つ力
 食のエネルギーについて・・・
 恋愛のカルマについて・・・
 天国と地獄の話

天界で起こった神話 【古事記】 読むパワースポット
【プチウケ古事記 上巻】
 日本最古の古文書 古事記とは・・・
 プチウケ古事記 造化三神(ぞうかさんしん) 神の始まり・・・φ(.. )
 プチウケ古事記 共同作業 天地初発之時(あめつちのはじめのとき)
 プチウケ古事記 夫婦喧嘩 神生(かみう)み(國生み)
 プチウケ古事記 国造り 伊邪那美(いざなみ)最期(さいご)
 プチウケ古事記 伊邪那岐(いざなぎ)の悲しみと怒り 悲しみ
 プチウケ古事記 黄泉(よみ)(くに)  
 プチウケ古事記 (みそ)ぎ・生みの果て
 プチウケ古事記 建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)
 プチウケ古事記 天照皇大御神(あまてらすおおみかみ)と建速須佐之男
 プチウケ古事記 太陽神(たいようしん)天照皇大神(あまてらすすめおおかみ) 天の石屋戸(あめのいわやと)
 プチウケ古事記 草薙劔(くさなぎのみつるぎ)(草薙の剣) 八岐大蛇(やまたのおろち)
 プチウケ古事記 うさぎと(さめ) ()(くに)因幡(いなば)素兎(しろうさぎ)
 プチウケ古事記 姑・修羅場 大国主(おおくにぬし)()堅州国(かたすくに)
 プチウケ古事記 争い  天孫降臨(てんそんこうりん)()(いち)
 プチウケ古事記 人生の道案内 天孫降臨 其の()・・・日子番能瓊瓊杵(ひこほのににぎ)
 プチウケ古事記 竜宮城(りゅうぐうじょう) 海幸彦(うみさちひこ)山幸彦(やまさちひこ)・・・其の壱
 プチウケ古事記 海幸彦/山幸彦 其の弐・・・神武天皇(じんむてんのう)の誕生

雪州の足跡 サイト情報
 あとがき  雪州の足跡 管理人
 リンクについて  相互リンク



Copyright (C)  雪州の足跡  All Rights Reserved