スピリチュアル・アドバイス(⌒ー⌒)

プチウケ古事記・・・天照皇大御神と建速須佐之男 

プチウケ古事記・・・天照皇大御神と建速須佐之男

プチウケ古事記・・・天照皇大御神と建速須佐之男

 雪州の足跡トップページ
各種ブックマーク&RSS 雪州の足跡 サイト内検索
プチウケ古事記・・・天照皇大御神(あまてらすおほみかみ)建速須佐之男(たけはやすさのを)
・・・スサノヲノミコトが高天原に向かう途中、川で顔を洗っていると、水面に人影が・・・。



それは天の安河まで降りてきたアマテラスオオミカミでした。



『あっ、姉ちゃん! (°°) どうしたのさ? そんなガンダムみたいに武装しちゃってさ (・ ・;))』
『おまえがこの国を奪いに来たのなら、戦うつもりでやってきました!』



『おい、おい(^^; オレはただこれから母を訪ねて三千里をやるんで、姉ちゃんにお別れの挨拶をしに寄っただけだぜ。(^^;』
『挨拶に? では、その証拠はありますか?』



『証拠? 実の姉なのに疑うとは・・・  やっぱりオレは孤独だね・・・(^^;』



『じゃあ、オレのこの(つるぎ)を姉ちゃんに預けとけば安心だろ? 
(;¬_¬)



『では預かりの証として、私はこの勾玉(まがたま)のネックレスを渡しましょう。 (/^^)/』



『戦いを挑まないのなら、こんな剣はいらないはず!』



そう言ってアマテラスオオミカミは、スサノヲノミコトから受け取った剣を、岩に叩き付けて折ってしまい、その剣は三つに折れてしまいました。 


        (°°;))。。オロオロッ。。・・((; °°)


『\(>o<)/ギャーッ!  何するんだ!姉ちゃん!オレの大事な剣を!  ((o(○`ε´○)o))』



アマテラスオオミカミは折れた剣に息を吹きかけると、その折れた剣から神が生まれました。



狭霧
(さぎり)
に成れませる神の名は、


多紀理毘売命(たぎりびめのみこと)、またの名を、奥津島比売命(おきつしまひめのみこと)


次に狭霧に成りませる神の名は、市寸島比売命(いちきしまひめのみこと)、またの名を、狭依毘売命(さよりびめのみこと)


次に狭霧に成りませる神の名は、多岐都比売命(たきつひめのみこと)が生まれ、三柱の女神が誕生しました。



スサノヲは驚きながらも、オレもということで、勾玉に息を吹きかけると、


正勝(まさかつ)吾勝(あかつ)勝速日(かちはやひ)


天之忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)
天之菩卑命(あめのほひのみこと)


天津日子根命(あまつひこねのみこと)


活津日子根命(いくつひこねのみこと)


熊野久須毘命(くまのくすぎのみこと)が生まれました。


『やったね!オレの数のほうが多いぞ(^^ ) 勝った! (  ̄ー ̄)v』



『それは違います! その者達は私の勾玉から生まれたのでしょう? 
       この三人の娘はお前の剣から生まれたのですから、数で言えば私の勝ちです。。。  〜(m~-~)σ"" 』



『ん? (?_?) ? 』



『お前はもう、おとなしく自分の国へお帰りなさい。 
(;¬_¬) バイバイ! (^∇^ )』



『よう! 姉ちゃん! ちょっと待ってよ! ねえ! \(>o<)/ 』
関係無いけど、(;¬_¬)昔、妖怪人間ベムの中にベロって子がいた。。。 


よくその場面の旅先で、子供と仲良くなるまえに、怪しがられてた・・・。


その時のセリフが、三本しかない指を全開に出して、


『待っておくれよぉ〜!オイラ怪しい者じゃないんだよぉ〜!オイラ、ベロっていうんだよぉ〜!』


・・・と叫んでいた
(;¬_¬) どう考えても怪しいよね!(^∇^ )


これを伝えた事で、長年胸につっかえていたモノが一つとれた気分!(笑)


さあさあ、続き続き・・・(  ̄ー ̄)



独りになったスサノヲノミコトは、凄まじい怒りを覚えました。
父には冷たく突き放されて国を追われ、再会に喜んでくれると思っていた姉には(いど)まれ、更にあしらわれてしまったからでした。


いつの時代でも心が(すさ)む原点は、淋しさとやりきれない気持ちなのでしょう。


その淋しき思いに、スサノヲノミコトの心は荒び、(スサ)ノヲノ神となって高天原を暴れ回りました。
その暴れっぷりたるや、まさに機関銃ではなく、機関坊(きかんぼう)(^^;   (*注 セーラー服は着ていません。)



高天原の田畑を荒らし、川の縁を壊し、田の(あぜ)を壊し、収穫まえの実りを荒らし回りました。



これを知ったアマテラスオオミカミは、スサノヲノミコトを(とが)めず、許してやりなさいと哀れむように(かば)った為、スサノヲノミコトはさらに怒り狂いました。



何故、怒り狂うのか?  ・・・自分自身でも解らないスサノヲ・・・。



高天原の全ての穀物を荒らして、糞を撒き散らしました。



さすがのアマテラスオオミカミも、大御所であるタカミムスヒノカミに相談しようと、献上する土産物として布を機屋(はたや)で織らせていると、スサノヲノミコトが投げ飛ばした馬が機屋に飛び込み、機織女が一人亡くなってしまいました。



アマテラスオオミカミは怒りに震え、スサノヲノミコトは悪戯(いたずら)とはいえ、(あや)めてしまったことに罪を感じ、逃げ出した。
               追っての数千本の矢をかいくぐり、スサノヲノミコトは逃れました。。。


う〜ん・・・
(;¬_¬)ちょっとヘビーな展開ですな・・・


解りやすく省きながら書いているので、まだこれは序の口(^^;


本当の古事記にはもっとドロドロとした部分を感じます。


建速須佐之男命は天上界では悪神として、地上界では英雄神とされています。


それは読み続けていけば解けるのでございます。 (m~-~)σ""
雪州英勢お薦めのパワースポット神社
 伊勢神宮(いせじんぐう)内宮(ないくう)外宮(げくう)伊雑宮(いざわのみや) 【三重県】
 大和國一宮(おおやまとのくにいちのみや)三輪明神(みわみょうじん) 大神神社(おおみわじんじゃ) 【奈良県】
 関東総鎮守(かんとうそうちんじゅ) 箱根神社(はこねじんじゃ) 【神奈川県】
 摂津國一宮(せっつのくにいちのみや) 住吉大社(すみよしたいしゃ) 【大阪府】
 加賀國一宮(かがのくにいちのみや) 白山比盗_社(しらやまひめじんじゃ) 【石川県】
 熱田神宮(あつたじんぐう) 【愛知県】
 出雲國一宮(いづものくにいちのみや) 出雲大社(いづもおおやしろ) 【島根県】
 伊勢國一宮(いせのくにいちのみや) 椿大神社(つばきおおかみやしろ) 【三重県】
 スピリチュアルの聖地 戸隠神社(とがくしじんじゃ) 【長野県】
 こんぴら総本宮(そうほんぐう) 金刀比羅宮(ことひらぐう) 【香川県】
 安芸國一宮(あきのくにいちのみや) 厳島神社(いつくしまじんじゃ) 【広島県】
 北口本宮(きたぐちほんぐう) 冨士浅間神社(ふじあさまじんじゃ) 【山梨県】
 駿河國一宮(するがのくにいちのみや) 富士山本宮浅間大社(ふじさんほんぐうせんげんたいしゃ) 【静岡県】
 明治神宮(めいじじんぐう) 【東京都】
 皇城之鎮(こうじょうのちん) 山王日枝神社(さんのうひえじんじゃ) 【東京都】
 その他のパワースポット神社

金運・恋愛・仕事・対人関係といった、生きる上で関わる悩みを気付きから幸運に導くスピリチュアルな話
 目に見えぬ存在、神社の神々とは・・・
 心の真眼
 カルマとは・・・
 カルマの解消法について・・・
 徳とは・・・
 神社について・・・
 神社参拝の豆知識
 塩が持つ力
 食のエネルギーについて・・・
 恋愛のカルマについて・・・
 天国と地獄の話

天界で起こった神話 【古事記】 読むパワースポット
【プチウケ古事記 上巻】
 日本最古の古文書 古事記とは・・・
 プチウケ古事記 造化三神(ぞうかさんしん) 神の始まり・・・φ(.. )
 プチウケ古事記 共同作業 天地初発之時(あめつちのはじめのとき)
 プチウケ古事記 夫婦喧嘩 神生(かみう)み(國生み)
 プチウケ古事記 国造り 伊邪那美(いざなみ)最期(さいご)
 プチウケ古事記 伊邪那岐(いざなぎ)の悲しみと怒り 悲しみ
 プチウケ古事記 黄泉(よみ)(くに)  
 プチウケ古事記 (みそ)ぎ・生みの果て
 プチウケ古事記 建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)
 プチウケ古事記 天照皇大御神(あまてらすおおみかみ)と建速須佐之男
 プチウケ古事記 太陽神(たいようしん)天照皇大神(あまてらすすめおおかみ) 天の石屋戸(あめのいわやと)
 プチウケ古事記 草薙劔(くさなぎのみつるぎ)(草薙の剣) 八岐大蛇(やまたのおろち)
 プチウケ古事記 うさぎと(さめ) ()(くに)因幡(いなば)素兎(しろうさぎ)
 プチウケ古事記 姑・修羅場 大国主(おおくにぬし)()堅州国(かたすくに)
 プチウケ古事記 争い  天孫降臨(てんそんこうりん)()(いち)
 プチウケ古事記 人生の道案内 天孫降臨 其の()・・・日子番能瓊瓊杵(ひこほのににぎ)
 プチウケ古事記 竜宮城(りゅうぐうじょう) 海幸彦(うみさちひこ)山幸彦(やまさちひこ)・・・其の壱
 プチウケ古事記 海幸彦/山幸彦 其の弐・・・神武天皇(じんむてんのう)の誕生

雪州の足跡 サイト情報
 あとがき  雪州の足跡 管理人
 リンクについて  相互リンク



Copyright (C)  雪州の足跡  All Rights Reserved